健康を守るための学校処置

学校での健康管理

Google

在籍確認についての情報

HOME | SITEMAP

トップ » 健康を守るための学校処置

新着情報

学校での予防接種について

過去において、小学校入学とともに身体検査とセットで受けていたのが予防接種であった。予防接種による脳への障害などが報告されている状況下において、その選択権を保護者に一任し自主的なものとするところもある。ただ、集団生活においては、接種の有無が差別化されたり、もしもの場合に責任をとらされたりといった事態も招きかねない。衛生管理が徹底した今日において、有名無実化した伝染病などに対するものは消滅しつつあるが、清潔すぎる世の中ゆえに新たな疾患の誕生に対する更なる対策の促進もささやかれている。いたちごっこを繰り返すようなことのないように、それにに変わる免疫力向上のための学校内での生活指導が待たれるところである。

予防接種の変化について

学校での予防接種は、以前は全員が受ける集団接種が主流であった。しかし最近は、希望者のみが医療機関で接種を受ける任意接種に変わっている。アレルギーのある子供や、副作用が出る子供がいて、学校で集団で受けることはなくなったのだ。例えば、インフルエンザワクチンは集団接種で行われていたが、今では行われていない。現在子供が、任意で受けられる予防接種としては、日本脳炎ワクチン、二種混合ワクチン、子宮頸癌ワクチンなどがある。子宮頸癌ワクチンは、最近の子宮頸癌の増加に伴い開始されたが、筋肉注射の痛みと恐怖から、接種後に失神状態になったり意識が朦朧となったりする事例が報告されている。